ホーム  >  古民家を再生する

 

 「古民家」とはなにか、ただ単に古い家でぼろぼろなだけなのではないのか?と思われがちですが、そうではありません。ここでは皆様に「古民家」を知っていただく為に、簡単に「古民家」の”魅力”や”特性”

メリット・デメリットなどをご説明させていただきます。

 

 

 

「古民家」の定義


日本では、国の登録有形文化財制度にあわせて骨組に木材を使用した”伝統構法”と呼ばれる建築構法や”在来工法”と世ばれれう建築基準法制定後に一般的に建てられる木造住宅で50年経過したものを「古民家」と定義しています。

在来工法 伝統構法 古民家の定義

木造住宅でもアメリカから輸入されたツーバイフォー住宅は日本の住宅の考え方である柱や梁といった骨組で形を作る方法とほあ異なり、壁を組み立てていく請う方なので古民家の沸く組には入れておりません。

 

また、骨組がコンクリートや鉄でできたもの、大手ハウスメーカーなどが建築している工場で建築されてからユニットとして完成させたものを現地で組み立てるプレハブ工法の住宅も「古民家」の定義からは外れる事となっています。

 

ですから今後「古民家」という表現があれば、それは”伝統構法”並びに”在来工法”と呼ばれる木造軸組構法で建築されてから50年以上経過した建物と理解していただければと思います。

 

 

 「古民家」の魅力

 

大きく張り出した軒の出は夏の日差しを遮り、冬は建物の置くまで日の光を届ける大変合理的な日本の気候風土に合った構造です。「古民家」とは先人の知恵の結晶です。「古民家」に使われている木材には、ケヤキやサクラ、栗、ヒノキなど実に多様な住目が使われています。地方によって使われる材が異なるのは、全て地元で伐採された木材だからです。

 

法隆寺の古材は新材より強いとされています。なぜなら木は伐り倒されてから200~300年までの間は圧縮強さや合成がじわじわとまして、ニ、三割も上昇し、その時期を過ぎて後、緩やかに降下し始めますが、その下がりカーブのところに法隆寺材が位置していて、新材よりもなお一割くらい強いからです。

 

他にも「古民家」には沢山の魅力がありますが、

次回、すこしづつ更新していきます。

含水率


次回更新予定です。

ページトップへ